ADHD歴30+年の私がどのようにしてリタリン処方禁止後に仕事や日常生活に対処する工夫や試行錯誤を記録していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不安
さて、リタリンが処方されなくなる日が刻一刻と近づいてきています。
現在今までに処方されたもののストックがあるのですが、リタリンが
無くなってしまったときのことを考えると非常に憂鬱です。
私の場合、7年前に診断を受け、リタリンを処方されてからは
社会人としてマトモに機能できるようになっていたと思いますが、
そのスイッチにもなっていたリタリンがなくなると思うと怖いです。

主治医の話によると、子供には新薬の徐放剤が処方できるそうですが
厚生労働省は成人ADHD・ADD患者については無視しているそうです。
リタリンはこれから先、ナルコレプシーとして診断された患者のみに、
指定薬局に限って処方されるようになり、自由診療で処方してもらう
という道も絶たれたようです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
??ADHD(?¿??)?Τ?????????Τ¤???(??)μ???????????????Υ??1954?õ???ΥХ? (Novartis)???????罰??ADHD¡??????¿μŬ?85%...
2007/10/26(金) 17:04:21 | ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。